支部長のメッセージ

3月26日(日) 讀賣テレビ 『そこまで言って委員会』に出演します

写真 支部長 長尾和宏

お彼岸となり、ようやく春らしくなってきました。

橋田壽賀子さんが「文藝春秋」で安楽死を希望する手記を書かれて、

「安楽死」「尊厳死」をテーマにした雑誌の特集やテレビ番組を目にするようになりました。

私も先日、週刊ポストで筒井康隆さんと「私の理想の死に方」というテーマで対談しました。

記事はこちら

 

インテリと言われてる著名人も、まだまだ「安楽死」「尊厳死」について理解していないと感じます。

しかし、これまで、メディアでほとんど取り上げられなかったことを考えると、わずかな前進かもしれません。

3月26日(日)にテレビに出演します。

私の発言はほとんど放送されないかと思いますが、視ていただければ幸いです。

また、同じ日の夜は、梅田で、シークレットトークをたっぷりお話しする懇談会を行います。

◆◆3/26(日) 『そこまで言って委員会』に出演します◆◆

読売テレビ「そこまで言って委員会NP」

放送日時:3月26日(日)  13:30~15:00

尊厳死、安楽死→延命治療の是非について

◆◆3/26(日) 長尾和宏 懇談会in梅田◆◆

美味しい料理とお酒とともに、

「薬のやめどき」「痛くない死に方」2冊の著書を中心に、

ここでしか聞けないマル秘トークと音楽でお楽しみください。

残席まだございます、お早めにお申込みください。

日時:3月26日(日)

 開場17:30~、開演18:30~

フリードリンクタイム:18:20~20:20

お食事18:30~

会場:阪急うめだ本店13階  レストラン「シャンデリアテーブル」

お申し込み:

○パソコン・携帯:

イープラス

○または 電話:03-3237-7777

(ブックマン社まで 受付:平日10時~18時)

更新日時:2017.03.21
ページトップへ